1985年のソ連兵軍装再現


人民K(協力:ワレンチン・ヴェノーフ、周紅代、N氏)

1997年11月2日、「1/1の会」主催により、某河川敷において、1985年にもし第三次世界大戦が勃発したら、という設定のヒストリカルゲームが開催されました。このイヴェント自体の報告は、主催者の一人、さめ氏のページを参照してみて下さい(http://www.NetLaputa.ne.jp/~same-hi/history/ww31/ww3.html)。このイヴェントに、我々はソ連軍として参加してきました。このページでは、1985年当時のソ連兵の服装を、一つの可能性として再現してみました。歴史に「もし」は無い、のですが、この当時、実際に戦争が行われていたアフガニスタンでのソ連兵の軍装を参考にしつつ紹介してみたいと思います。


主にM69型と呼ばれている戦闘服の紹介です。この服は、ミリタリーショップの老舗、東京・上野の「中田商店」でも大量に扱っています。又、私の友人であるBIMOクラブO氏も扱っています。M69戦闘服を改造したり、味出しして、サバゲの際に差をつけたい場合の参考にしていただければ幸いです。


あまり活動的ではなかった我々とは違い、イヴェント自体はなかなか盛り上がっていました。少ない人手で、事故も無く、困難な仕事を実現したさめ氏とY氏には感謝とねぎらいの言葉を捧げたいと思います。又の開催を心からお待ちいたします。

ヒストリカルゲーム・第三次世界大戦 へ
さめひろし氏のページ「みりさば」トップページ へ


なお、このページの製作に当たり、上野氏訳・編・著・BIMOクラブ発行の「ソ連軍ベーシックマニュアル(ソ連軍規定書の日本語訳)」(1995)および、論稿「古参兵の助言」(1994)を参考にさせていただきました。この場でですが、感謝の意を述べてさせていただきます。

1997/12/18 1997/12/28更新→更新箇所




共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
テクスト・映像・音等々の紹介

国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室

国際共産趣味ネット「赤軍博物館」および「付属美術館」設立準備委員会(1993年設立)/国際共産趣味ネットウェブマスター:人民K(katsuma@kt.rim.or.jp)/「国際共産趣味ネット」学芸員:ワレンチン・ヴェノーフ/国際共産趣味青年同盟本部窓口:日本・東京・本郷/このページの著作権保有者:人民K 1997


このページはリンクフリーです。又、「国際共産趣味ネット」サイトはリンクフリーです。