HISTORICAL BATTLE GAME

AHOCALYPSE 98 IN VIETNAM

開催決定!今年のアホカリプスもベトナム戦に全弾投入


日時 1998年7月25(土)26(日)夏休み第一週
会場 本栖ハイランド本館サイド ゲーム会場はMVラリー会場全域
設備 キャンプ、水道、簡易食堂、トイレ
参加人員 メインゲーム参加受付は400名前後にて受付締切りますが他は制限なしです。
参加申込み 1998年5月1日より7月10日まで
このページでも受け付けています!
参加費 ¥4,000(完全前金予約制) 女性・中学生¥3,000 小学生 無料
出店料金

個人スペース 米軍ポンチョ1枚サイズ ¥10,000 入場料1名無料

業者スペース 3.5×5.3m更地(テント・タープ各自持ち込み)¥30,000 入場料3名無料

時代設定(メインゲーム 1968年のベトナム戦線 テト攻勢後のサイゴン近郊架空戦線
ゲーム内容 ベトナム戦争のコスチュームを史実通りに再現し、エアガン(ノーマルパワー銃のみ)を使用したヒストリカルバトルゲームです。
使用銃

メインゲームい使用できるのはベトナム戦争中に使用されたAK47、M16、M-60その他のメーカー製もしくは外見カスタム銃で空き缶片面貫通までのノーマルパワー銃のみ。弾は当方よりヒストリカルゲーム専用の0.12g弾を戦闘毎に支給。歩兵、機関銃手とも一人一回毎に250発支給。持ち込み弾使用禁止。

共産軍は弾数自由の予定

禁止銃 メインゲームにおいてはM-16A2、ウージー、HK-MP5その他の銃で当時のベトナム戦争当時の米軍一般兵が装備していない銃のメインゲームでの使用は出来ません。
イベント予定 ベトナム戦ゲーム、撮影会、VNコスプレ大会(商品付き)、ミリタリー闇市、居酒屋、自由参加のVN戦スタイルミニゲーム、三島軍曹特別講座も予定。 
赤軍愛好会は、うたごえ喫茶開店、周紅代先生の指導を予定!
参加可能ユニット

米軍 第一歩兵師団、第9歩兵師団、第23歩兵師団、第25歩兵師団、第4歩兵師団、第1騎兵師団、第173空挺旅団、第101空挺師団合併、海兵隊、その他

(軍服の注意)今回は68年の時代設定の為に米軍部隊はメインゲームにおいてはODファティグ装備のみで迷彩服は使用できませんが、メインゲーム以外では自由なベトナム戦争のコスチュームをお楽しみ下さい。

募集制限ユニット 特殊部隊グリンベレー、シールチーム、ラープ、リーコンは人気ユニットで参加人数過多となる為に若干名のみの募集となります(時代考証にのっとったタイガー迷彩服のみ着用可。リーフ迷彩はシールチームのみシールジャケットの着用が可で他は不可です)特殊部隊やシールチームは純然たる偵察や特殊任務の為に編成するので、使用弾数も大幅に制限されます。要体力及び忍耐力。
多国籍軍 韓国軍(実際の韓国人によるチーム編成)、オーストラリア軍、南ベトナム陸軍
共産軍 ベトナム人民軍(北ベトナム軍)、南ベトナム民族解放戦線
(常に戦闘したり撃ちまくりたい人向き:戦闘効率大)
その他 ◎ベトナム農民、物売り、僧侶、山岳民族、従軍カメラマン(「従軍カメラマン」は米軍側は米軍装備、北ベトナム軍側は北ベトナム装備でしたらメインゲームへの参加は可能です。ただし他のゲーム参加者と同じルール規定となります。ゲームの写真撮影に関します詳細はお問い合わせ下さい。)(以上戦闘地区立ち入り可能)◎闇市商人、ゴーゴーガール、ママさん、日本人商社マン、ヒッピー、観光旅行者◎脱走兵、避難民、乞食、フォーク歌手、CIAスパイ他(以上戦闘地区立ち入り不可)◎撃墜された米軍パイロット(捕虜収容所で救出を待つ役どころ)
●「その他」の項目に記載されております服装での「メインゲーム」には参加できませんのでご注意下さい。
禁止行為 会場ではベトナム戦の雰囲気を大事にするため、ベトナム戦後のウッドランド迷彩服、自衛隊服の着用及び第二次世界大戦軍服等でのイベント参加は固くお断りしております。

ゲームルール説明一部

一見するとサバイバルゲームの大会かと誤解されかねないのですが、当イベントはコスチュームとバトルフィールドの雰囲気を楽しむヒストリカル・バトル・ゲームであり、決してエアガンの威力やスピードとバラマキ戦を主体としたサバイバルゲームではありません。更には敵と遭遇しない兵隊も出るかもしれませんので、どうしても確実に敵と遭遇して戦いたいと希望される方は共産軍側への参加をお薦め致します(ヲイヲイ(^^;)。

米軍はフィールドに最前線基地を設定し、部隊ごとエリア防衛を行います。参加者は到着したら部隊編成されて配属部隊集合所にて待機していなければなりません。作戦指令によって初めて戦線投入されるのですが、参加米軍兵力多数の場合は、前線受け入れ人数に限りがありますので、ある程度は補充兵力としてサイゴン地区で待機して、部隊交換の連絡により番号順に派兵されます。(補充兵力が多すぎると困りますので米軍側を無制限に募集出来ない訳なのです。)広大なゲームフィールドなので派遣基地まで、実戦と同じように長い距離を行軍しなければならないのですが、サイゴン地区から一歩出れば共産軍側の戦闘エリアであり、行軍する米軍側はいつ撃ってくるか判らない敵に対して警戒しつつ無事に基地まで到着しなければなりません。米軍一般歩兵はゲーム毎に小銃手も機関銃手も一律250発のみの規定弾を支給され、その範囲内で戦わなければならず、戦闘中に使いすぎれば戦死か捕虜の道を辿る事となりますので実戦並みに、御注意下さい。

米軍は共産軍との人数差からゲーム中に1回ヒットしたら戦死となりサイゴンに戻り補充兵となり、又補充の順番が来るまで待機していなければなりません。

全ゲーム中において、何度も生き返り補充されるのは共産軍だけなので、良く考えて参加して下さい。

参加希望者は5月1日以降よりサムズミリタリ屋及び各協賛店や参加部隊応募事務所にて申込み書類セットをもらい応募して下さい。

企画:サムズミリタリ屋 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-32-4
TEL 03-3971-4935 FAX 03-3971-3479


アホカリプス98ベトナム Q&A
メインゲームのルール等
メインゲーム使用可能銃 参考一覧表
会場地図
参加申込書及びゲーム参加合意書
アホカリプス98ミリタリーフリーマーケット参加申込書
特殊部隊志願要項
アホカリプス・アンケート
アホカリプス98バックアップショップの御紹介


イヴェントは終了しました。参戦レポートは↓へ

テト攻勢1998
http://www5.big.or.jp/~jinmink/MUZEO/Vietnam/ahokaly98/ahocaly98photo/index.html

本栖解放統一戦線 特集予告編
http://www4.justnet.ne.jp/~kutsuki-kiyotaka/motosu2.htm

チーム上海亭さんによるレポート
http://village.infoweb.ne.jp/~sss/index.htm

インターネットフォーカス
http://www2.ascii.co.jp:8000/shinchosha/focus/fc980805/gam/gam.html


ベトナム人民軍・南ベトナム解放戦線についての情報・資料は

本栖解放統一戦線

アホカリプスに関連しての話題・情報交換等はこちらのBBSなどへ
上海亭内 何でも伝言板北京亭共用)
国際共産趣味BBS第二号室国際共産趣味ネット内)


ページ制作:赤軍愛好会 連絡は→こちら 1998/06/19登録 1998/07/30更新
このページは、イベントに参加する私達が自主的に募集の為に設置しているものであり、
商用目的のものではありません。