タイトル:ドキュメント現代史14 ベトナム戦争
出版:株式会社平凡社
編者:丸山静雄/平凡社
訳者:
装丁:
発行:昭和47年11月20日 発行
値段:750円(当時)
ISBN:なし
所在:国際共産趣味青年同盟本部書庫。区市図書館レベルにもあるかも
備考:戦争に駆りたてるは大国の論理か、立ち上がる民族の怒りと悲しみか?史上最大の「汚い戦争」を多面的総括的に解明する--本のオビから
目次
まえがき i
解説年表 大国の論理・民族の解放 1
汾争の発生
 一 フランス支配の終焉 18
   1 戦いのはじまり 19
   2 ディエンビエンフー最後の日 ジュール・ロワ 28
 二 インドシナ分断 35
   1 ジュネーブの解決 バーナード・フォール 35
 三 アメリカの登場 44
   1 外交の悲劇 ビクター・ベイター 45
   2 フランスの退場 バーナード・フォール 54
アメリカの戦争
 一 誤算の戦争 62
   1 陸の戦い 63
   2 海の戦い メアロー・J・ピュージー 83
   3 空の戦い フランツ・シャーマン、丸山静雄 107
 二 戦争と民衆 127
   1 戦場の村 本多勝一 128
   2 ソンミ セイアム・ハーシュ 141
   3 サイゴンという町 ジャン=クロード・ポモンティ 150
 三 苦悩の再評価 156
   1 テト攻勢 タウンゼンド・フープス 157
   2 72年攻勢 171
   3 戦争論理の矛盾 ロバート・トンプソン、リチャード・フォーク 178
。民族解放の戦い
 一 独立と解放をめざして 204
   1 独立宣言(1945年9月2日) 205
   2 民族解放のために ホー・チ・ミン 207
   3 完全勝利まで戦う ホー・チ・ミン 212
   4 南ベトナム解放民族戦線綱領(1960年12月20日) 215
   5 国家権力の獲得を目標に 219
 二 人民戦争 224
   1 人民の戦争・人民の軍隊 ボー・グエン・ザップ 225
   2 生き残るための三原則 フランツ・シャーマン 232
   3 ベトコン ダグラス・パイク 238
   4 人民革命戦争の戦略 ロバート・トンプソン 247
 三 静かな抵抗 256
   1 北ベトナムの論理と心理 森恭三 257
   2 ハノイで考えたこと スーザン・ソンタグ 264
   3 ハノイ メアリ・マッカーシー 274
   4 解放区の人と生活 本多勝一 282
   5 炎のなかで ポ・チャン・ナ 292
「ベトナム戦争とは--
 一 ベトナム三角地帯 302
   1 モスクワ・北京・ハノイ ドナルド・S・ザゴリア 303
   2 北京・ワシントン・ハノイ エドガー・スノー 321
   3 ハノイ・サイゴン・バンコク ドナルド・カーク 331
 二 戦火を消すために 341
   1 米ソ--変わりゆく世界 エベリル・ハリマン 342
   2 拡大パリ会談の内幕 牟田口義郎 349
   3 ベトナムはもう御免だ スタンレー・ホフマン 352
 三 新しくて古い戦争 363
   1 戦争の歯車 ピーター・G・ボルン 364
   2 生態系の破壊 バリー・ウェイスバーグ、オービル・シェル 371
   3 パクス・アメリカーナ 377
文献案内 387


テクスト・映像・音 等々の紹介(兼参考文献)




テクスト・映像・音等々の紹介兼参考文献 データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館

リンク集 BBS入口