タイトル:ロシア・アヴァンギャルド 全8巻 5 ポエジア 言葉の復活
出版:国書刊行会
編者:亀山郁夫 大石雅彦
装丁:平野甲賀
発行:平成7年7月25日
値段:4175円+税
ISBN4-336-03075-8 C0398
所在:国際共産趣味青年同盟本部書庫、都道府県立図書館レベルなら有るかも
備考:
革命の中核は文化革命であり、文化革命の中核は詩的言語の革命である―。詩的言語のユートピアを夢みた〈立体派未来展〉。既成の言語を全否定し、新たな言語を構築しようとした彼らの夢は今も健在である。フレーブニコフ「カー」、クルチョーヌィフ「爆」、カメンスキー、ブルリューク、リフシーツ、グローの詩、「言葉そのもの」、「文字そのもの」、「火星人のラッパ」、「ファクトューラ」などを収録。
以上本のハコから
目次:
1 立体未来派
 『社会の趣味への平手打ち』と裁判官の生簀(『一個半眼の射手』より) B・リーフシツ 13
 言葉そのもの A・クルチョーヌィフ/V・フレーブニコフ 31
 言葉のファクトューラ A・クルチョーヌィフ 32
 詩
 V・フレーブニコフ 34
 A・クルチョーヌィフ 74
 D・ブルリューク 93
 B・カメンスキイー 100
 V・マヤコフスキー 112
 E・グロー 137
 I・テレンチェフ 143
 I・ズダネーヴィチ 148
2 自我未来派連合
 エゴポエジーのアカデミー 157
 詩におけるエゴポエジー グラーリ・アレリスキー 157
 序曲 159
 詩
 I・セヴェリャーニン 163
 B・リーフシツ 169
 I・イグナーチェフ 172
 B・パステルナーク 174
3 コスミズムほか
 プロレタリアートと芸術 A・ブグダーノフ 197
 『プロレタリア文化の輪郭』 A・ガースチェフ 197
 詩
 A・ガースチェフ 201
 M・ゲラーシモフ 207
 B・キリーロフ 209
 A・ベズィメンスキー 211
 B・アレクサンドロフスキー 212
 B・カージン 214
 I・セリヴィーンスキー 216
 S・キルサーノフ 219
4 オベリウー
 オベリウーの宣言 227
 詩
 D・ハルムス 233
 A・ヴヴェジェンスキー 242
 N・オレイニコフ 246
 N・ザボロツキー 251
5 アクメイズム
 アクメイズムの朝 O・マンデリシターム 265
 象徴主義の遺産とアクメイズム N・グミリョーフ 268
 現代ロシア詩におけるいくつかの潮流 S・ゴロデツキー 272
 詩
 M・クズミーン 277
 N・アフマートワ 302
 O・マンデリシターム 314
6 亡命詩人たち
 詩
 B・ホダセーヴィチ 335
 M・ツヴェターエワ 345
 V・ナボコフ 358
 G・アダモーヴィチ 362
 G・イワーノフ 364
 B・ポプラフスキー 367
 現代ロシアの叙事詩と叙情詩 V・マヤコフスキーとボリス・パステルナーク M・ツヴェター
ワ 369
詩人紹介 379
解説 389
解題 399
詳細目次 405

月報:8 1995.7
 失速する夢 和田忠彦
 広場の方へ 松浦寿夫


テクスト・映像・音 等々の紹介
芸術の革命と革命の芸術
民衆の芸術
ロシア・アヴァンギャルド(岩波新書)

ロシア・アヴァンギャルド1 テアトル1 未来派の実験
ロシア・アヴァンギャルド2 テアトル2 演劇の十月
ロシア・アヴァンギャルド3 キノ 映像言語の創造
ロシア・アヴァンギャルド4 コンストルクツィア 構成主義の展開
ロシア・アヴァンギャルド5 ポエジア 言葉の復活

ロシア・アヴァンギャルド6 フォルマリズム 詩的言語論
ロシア・アヴァンギャルド7 レフ 芸術左翼戦線
ロシア・アヴァンギャルド8 ファクト 事実の文学
革命と建築
革命の創造力 トロツキー芸術論
文学と革命(上) ЛИТЕАТУРА И РЕВОЛЮЦИЯ 1924
文学と革命(下) ЛИТЕАТУРА И РЕВОЛЮЦИЯ 1924




テクスト・映像・音等々の紹介 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館

リンク集 BBS入口