タイトル:ロシア・アヴァンギャルド 全8巻 7 レフ 芸術左翼戦線
出版:国書刊行会
編者:松原明 大石雅彦
装丁:平野甲賀
発行:平成2年4月25日
値段:5049円+税
ISBN:なし
所在:国際共産趣味青年同盟本部書庫、都道府県立図書館レベルなら有るかも
備考:
革命は独自な知のアレジメントを獲得し、それは雑誌となって現れた。最強の雑誌エネルギーをたたえる「レフ(芸術左翼戦線)」。一音素から世界文化まで、その主体と対象はどこまでも広がってゆく。「コミューンの芸術」、「何のためにレフは闘うのか」、チュジャーク「生活建設の旗の下に」、ヴィノクール「未来主義者―言語の建設者」、トレチャコフ「ほえろ中国」、ブリーク「絵画から更紗へ」、「構成主義者宣言」ほかを収録。
以上本のハコから
目次:
1 コミューンの芸術
 言語芸術部門を組織せよ! 左翼詩人グループ 15
 芸術をめぐる集会 レーヴィン 17
 爆撃と組織 N.P 20
 喜ぶのはまだ早い マヤコフスキイ 22
 一服の解毒剤 ルナチャルスキイ 23
 「協調主義はたくさんだ」(綱領的論文と論争) ブリーク 29
 驚くべき事ごと マヤコフスキイ 31
 分裂した意識(芸術家のために) プーニン 33
 分裂した意識2(芸術家のために) プーニン 35
 共産=未来主義者(宣言) B.K 39
 ペテルブルグの看板 V.E 39
 「神々しき芸術」 クシネル 42
 芸術の基準(芸術家のために) プーニン 44
 共産=未来主義者(活動報告) B.K 46
 宣言―美術館運営の諸原則にまつわる問題に関して 造形芸術および工業芸術部門 47
 印象 プーニン 49
 工業における芸術の問題によせて ヴァウリン 51
 過去の遺産と現在 ヴィドラ 54
 今日のロシア左翼芸術の諸党派 プニー 57
 ペトログラード街頭・広場装飾計画案ニュース 61
 西欧に眼差しを クシネル 62
 共産主義と未来主義 プーニン 64
2 『レフ』
 
 なんのためにレフはたたかうか? レフ 75
 レフはだれにかみつくか? レフ 79
 レフはだれに警告するか? レフ 81
 生活建設の旗印のもとに(今日の芸術の認識の試み) チュジャーク 83
 われわれの言語活動 マヤコフスキイ/ブリーク 111
 ネヴァ河の十月 ペトロフスキイ 112
 どこからどこへ?(未来主義の展望) トレチヤコフ 122
 未来主義者―言語の建設者 ヴィノクール 144
 いわゆる「形式的方法」 ブリーク 142
 〈本〉最近の詩学関係文献 ヴィノクール 144
 〈事実〉第一回全露工芸展 タラブーキン 151
  構成主義者 153
  第一モスクワ大学付属労働者予備校のレフ 154
 
 生活の鋳型工諸君! レフ 161
 メーデー カメンスキイ/アセーエフ/マヤコフスキイ/ネズナーモフ/パステルナーク/クルチョーヌイフ/テレンチェフ/トレチャコフ 163
 今日の衣装―プロゾジェージダ ヴァルsト 171
 慇懃な耽美主義者 ブリーク 176
 今日の課題によせて(討論のための論文) チャジャーク 188
 〈本〉B・ヴィッペル『静物画の問題と発達(事物の生命)』 アルヴァートフ 196
 〈事実〉フセヴォロド・メイエルホリド 197
     メイエルホリド・スタジオ(1922-23年の活動) フョードロフ 200
     プロレトクリト(活動報告) 204
     インフク(芸術文化研究所) 205
     ヴフテマス(国立高等芸術技術工房) 206
     ユーゴスラビアにおけるレフ ツェサレツ 207
     外コーカサスのレフ(四一度グループ) テレンチェフ 211
 。
 戦闘につくレフ レフ 219
 『プラウダ』、『レフ』、『イズヴェスチヤ』への書簡 ゴンチャレンコ 220
 非文化的な論難の例 アルヴァートフ 221
 杖の先 アセーエフ 228
 批評のかじ棒 ゴルコール 230
 言葉に打ち勝つレフとレフに打ち勝つ言葉 ゴルロフ 236
 プラスとマイナス チュジャーク 241
 詩学、言語学、社会学(方法論の検討) ヴィノクール 247
 キノキ、革命 ヴェルトフ 256
 レフ論壇 トレチャコフ 263
 〈本〉G・クルイジツキイ『哲学的見世物小屋―あべこべ演劇』 フェヴラリスキイ 274
 〈事実〉無力の病を煩う者達 アルヴァートフ 275
     乾パンの都 ユトケーヴィチ 276
     カザンにおけるレフ 281
     イヴァノヴォ・ヴォズネセンスクにおけるレフ ガムザ 282
     モスクワ・プロレトクリト 283
     エカテリノスラヴ・プロレトクリト 284
     フォルミス 285
 「
 レフとマップ 293
 モスクワプロレタリア作家協会マップと「レフ」集団の協定 リベジンスキイ他 293
 ユートピアか科学か? アルヴァートフ 295
 ヴフテマスの崩壊(報告記録) ブリーク他 300
 フォトモンタージュ ポポーワ 302
 『騎兵隊』より バーベリ 306
 芸術高等専門学校における印刷術 クプレヤノフ 320
 〈本〉ニコライ・タラブーキン『イーゼルから機械へ』 アルヴァートフ 327
 〈事実〉編集部への書簡 チュジャーク 329
     レフとマルクス主義 S 329
     プロレトクリト(美術) 334
     プロレトクリトの新しい活動 L 335
     モスクワ応答せよ S 336
     逆立ち S 338
     左翼形而上学 ヴフテマス女子学生 338
     映画眼から『レフ』へ カウフマン 340
     三人委員会への申請書 スヴィロワ 340
     イヴァノヴォのレフ アヴァンガルドフ 342
     極東とレフ シベリアの住人 343
 」
 吠えろ中国 トレチャコフ 349
 自由な人びと ヴェショールイ 358
 レーニンの演説における文体の基本的傾向 エイヘンバウム 370
 レーニンにおける高尚な文体の格下げについて ヤクビンスキイ 385
 〈本〉教授の間に合わせ仕事―『文学宣言集―ロシア象徴主義から「十月革命」まで』1924 シッロフ 395
 〈事実〉革命工房 セーニキン/クルツィス 397
 、
 ポポーワ追悼 レフ 411
 絵画から更紗へ ブリーク 412
 文学的事実V・シクロフスキイに捧ぐ トュイニャノフ 416
 観客はいかに反応するか ザゴールスキイ 431
 ・
 A・ラヴィンスキイの生産主義芸術 ネズナーモフ 449
 ソビエト建築のイデオロギーと課題(抄)ゼリンスキイ 452
 〈本〉ボリス・ピリニャーク論 シクロフスキイ 461
 〈事実〉南部レフ N.P 477
     構成主義宣言(構成主義者の基本テーゼ) セリヴィンスキイ/ゼリンスキイ/インベル/アガーポフ/ガスリーロヴィチ/トュマンニイ 483
解説・解題 485
著者略歴

月報:4 1990.4
 ちいさなブラック・ホールたち 高橋悠治
 「プロレタリア芸術」前史の時代 栗原幸夫


テクスト・映像・音 等々の紹介
芸術の革命と革命の芸術
民衆の芸術
ロシア・アヴァンギャルド(岩波新書)

ロシア・アヴァンギャルド1 テアトル1 未来派の実験
ロシア・アヴァンギャルド2 テアトル2 演劇の十月
ロシア・アヴァンギャルド3 キノ 映像言語の創造
ロシア・アヴァンギャルド4 コンストルクツィア 構成主義の展開
ロシア・アヴァンギャルド5 ポエジア 言葉の復活

ロシア・アヴァンギャルド6 フォルマリズム 詩的言語論
ロシア・アヴァンギャルド7 レフ 芸術左翼戦線
ロシア・アヴァンギャルド8 ファクト 事実の文学
革命と建築
革命の創造力 トロツキー芸術論
文学と革命(上) ЛИТЕАТУРА И РЕВОЛЮЦИЯ 1924
文学と革命(下) ЛИТЕАТУРА И РЕВОЛЮЦИЯ 1924




テクスト・映像・音等々の紹介 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館

リンク集 BBS入口