タイトル:勝利なき戦い 朝鮮戦争 下巻 IN MORTAL COMBAT KOREA,1950-1953
出版:株式会社光人社
著者:John Toland ジョン・トーランド
訳者:千早正隆
装丁:
発行:1997年7月10日 発行
値段:2900円+税
ISBN4-7698-0811-9 C0098
所在:区市図書館レベルにもあるかも
備考:ノンフィクション
目次:
 第二十一章 混迷する東西両戦線(11月28日〜29日)
 第二十二章 「助かる見込みなんて、あるもんか!」(11月28日〜29日)
 第二十三章 血まみれの撤退--苔刑場(ゴーントレット)を走る(11月30日〜12月1日)
 第二十四章 「海兵隊らしく脱出するのだ」(12月1日〜4日)
第七部 攻撃、そして反撃 75
 第二十五章 包囲突破(12月5日〜11日)
 第二十六章 「父上が事故に遭われた」(12月11日〜29日)
 第二十七章 中国軍の第三次攻勢(1950年12月31日〜1951年1月20日)
 第二十八章 「連隊長が脱出させてくれるさ」(1月24日〜2月20日)
 第二十九章 戦うリッジウェイ(2月下旬〜4月5日)
第八部 「戦いが始まった」 163
 第三十章 「ジーニー、やっと故国へ帰れるよ」(4月6日〜25日)
 第三十一章 捕虜たち(4月25日〜5月下旬)
 第三十二章 中国軍最後の攻勢(5月1日〜30日)
第九部 和平への苦難の道のり 209
 第三十三章 会談はじまる(5月31日〜8月23日)
 第三十四章 「まったく無用の戦争」(8月初頭〜11月26日)
 第三十五章 「わたしはリッジウェイの主張に同感だ」(1951年11月下旬〜1952年2月上旬)
第十部 捕虜収容所内の戦争 253
 第三十六章 敵か味方か?(2月7日〜2月下旬)
 第三十七章 「度はずれの無法状態」(2月〜4月28日)
 第三十八章 「わたしは強要されてあの戦争屋どもの道具となり、最近爆弾を投下させられた」(5月23日〜9月28日)
第十一部 戦争と平和 298
 第三十九章 「アイクは戦争に勝てるか?」(1952年10月3日〜1953年4月1日)
 第四十章 李の造反(2月〜6月20日)
 第四十一章 和平の時(1953年7月8日〜9月6日)
終章 350
謝辞 358
註 361
訳者あとがき 383

勝利なき戦い〈上巻〉へ


テクスト・映像・音 等々の紹介(兼参考文献)




テクスト・映像・音等々の紹介兼参考文献 データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館

リンク集 BBS入口