タイトル:帝国主義
出版:
著者:レーニン
訳者:宇高基輔
装丁:
発行:1956年5月25日第1刷発行
値段:560円+税
ISBN4-00-341341-5 C0131
所在:国際共産趣味青年同盟本部書庫。区市図書館レベルにもあるかも
備考:岩波文庫 白134-1
レーニン(1870-1924)は、マルクスの理論をうけつぎ、資本主義の独占的段階が帝国主義であると規定した。金融資本と金融寡頭制、資本の輸出、寄生体と資本主義の腐朽化、列強諸国による世界の分割などの問題が、豊富な資料にもとづいて平易に語られている。本書は、現代世界を把握するための重要な古典としての価値をもつ。--カバーから
目次
序言 11
フランス語版およびドイツ語版への序言 15
〔序言〕 26
第一章 生産の集積と独占 28
第二章 銀行とその新しい役割 51
第三章 金融資本と金融寡頭制 77
第四章 資本の輸出 102
第五章 資本家団体のあいだでの世界の分割 112
第六章 列強のあいだでの世界の分割 126
第七章 資本主義の特殊の段階としての帝国主義 144
第八章 寄生性と資本主義の腐朽化 161
第九章 帝国主義批判 177
第十章 帝国主義の歴史的地位 199
付録 209
訳註 217
解説 223
人名索引

大月書店・国民文庫版もあり


テクスト・映像・音 等々の紹介(兼参考文献)




テクスト・映像・音等々の紹介兼参考文献 データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館

リンク集 BBS入口