タイトル:賃金・価格・利潤 (大月センチュリーシリーズ)
出版:株式会社 大月書店
著者:カール・マルクス Karl Marx
翻訳・注解:土屋保男
発行:1983年3月14日
値段:1165円+税
ISBN4-272-00522-7 C0333
所在:国際共産趣味青年同盟本部書庫、区市図書館レベルでも有るかも
備考:非常に簡潔にまとめられたマルクス入門。マルクス主義の全体像をつかむのにまず最初にお薦めのシリーズ。

目次
まえおき 3
1 生産物と賃金 5
2 生産物、賃金、利潤 10
3 賃金と通貨 28
4 需要と供給 36
5 賃金と価格 40
6 価値と労働 46
7 労働力 64
8 剰余価値の生産 70
9 労働の価値 75
10 利潤は商品をその価値どおりに売ることによって得られる 79
11 剰余価値が分解する種々の部分82
12 利潤、賃金、価格の一般的関係 89
13 賃上げの企て、または賃下で反対の企ての主要なばあい 94
14 資本と労働との闘争とその諸結果 107




テクスト・映像・音等々の紹介 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館

リンク集 BBS入口