タイトル:夢みる権利 ロシア・アヴァンギャルド再考
出版:財団法人東京大学出版会
著者:桑野隆
装丁:鈴木堯+瀧上アサ子[タウハウス]
発行:1996年12月5日
値段:2900円+税
ISBN4-13-013019-6 C1010
所在:国際共産趣味青年同盟本部書庫、区市図書館レベルでも有るかも
備考:前衛の両義性(アンビバレンツ) 無対象/全体主義 世界の〈異化〉がもたらした祝祭とスターリニズムの予感
以上本のオビから
目次:
1 日常生活批判 1
  20世紀芸術とロシア・アヴァンギャルド 3/ロシア・アヴァンギャルドと日本 4/領域横断性 6/芸術革命と政治・社会革命 9/宣言する者たち 10/美的挑発 12/エウゥイ 14/異化 15/無意識のうちに流れる日常生活 16/日常生活批判 17/マヤコフスキイの死 18
2 ウスローヴノスチ 23
  メイエルホリドの演劇 25/2つの人形劇 28/演劇的な演劇 30/文学性・絵画性 31/無用の真実 32/ウスローヴノスチ 33/演劇それ自体、言葉それ自体 34/ウスローヴノスチと記号論 35/詩的言語 36/逆遠近法 38/ウスローヴノスチの可変性 39/人形劇と演劇性 42
3 演劇性 45
  芸術が生活のモデル 47/演劇症候群 48/生活の演劇化 49/群衆劇 50/キャバレー「野良犬」 52/偶然性の美学 53/スカース(語り)志向 54/コメディア・デラルテ 55/サーカス 57/祝祭 58
4 グロテスク 61
  グロテスク 63/民衆的グロテスク 65/バフチンとメイルホリド 67/ミステリヤブッフ 69/見世物小屋 70/シャガール 72/グロテスクの詩学 74/民衆文化 75/伝統主義 76/モンタージュと民衆的グロテスク 78
5 笑い 81
  革命と笑い 83/笑う演劇 84/道化 88/左翼未来主義者チャップリン 91/ロスタの窓 92/笑う詩 93/笑う絵画 95/さまざまな笑い 96/パロディ 98/パロディ論の隆盛 100
6 無対象 103
  詩と絵画 105/プリミティヴィズムからシュプレマティズムへ 106/「黒の方形」 109/タトリンとマレーヴィチ 112/ザーウミ 113/表現を志向する発話 114/詩と絵画に共通する芸術原理 117/イメージなき詩 119/イメージ批判がもつ意味 120/記号と対象のズレ 121/無対象とレーニン 122
7 宗教性 127
  涜神と宗教性 129/「黒の方形」と永遠・神 132/光線主義と神秘主義 134/ザーウミと神秘主義 136/ミステリヤ 138/正教とロシア・アヴァンギャルド 139/宗教哲学者たちとロシア・アヴァンギャルド 140/マレーヴィチとイコン 142/イコンとルボーク 143/ユロージヴイ 145
8 機械 149
  民衆文化と機械 151/構成主義 153/第三インターナショナル記念塔 156/堂々たるコキュ 157/ビオメハニカ 161/演劇とサーカス 163/テーラーリズム 164/映画のモンタージュ 167/文学のモンタージュ 169/フォトモンタージュ 171/モンタージュと日本文化 171/機械時代とチャップリン 173/機能主義の両面価値性 174
9 芸術の十月 177
  世界観と世界感覚 179/ラスキン、モリスの影響 180/ソロヴィヨフ 181/未来派とシュプレマティズムにおける「生活と芸術」 182/レフ 183/生産芸術 184/演劇の十月 186/生活建設 189/砦の上の旗の色 190/すべての者を書き手に! 192
10 革命と言語 195
  改名ブーム 197/革命の言語・言語の革命 198/未来派詩人ヤーコブソン 200/ヴィノクールの「言語文化」論 201/レーニンの言語 202/トロツキイとフォルマリスト 204/言語技術学 205/言語加工の両義性 206/フロレンスキイの言語観 207/バフチンの言語・記号論 209/名とあだ名 211
11 全体主義 215
  ロシア・アヴァンギャルドの終焉 217/フォルマリズム批判と社会主義リアリズム 219/メイエルホリド粛清 221/アヴァンギャルドとスターリニズムの共通性 223/アヴァンギャルドの夢の実現としてのスターリニズム 225/全体主義者エイゼンシテイン 229/クルツィスのフォトモンタージュ 232/国家祝祭 234/裏切られた革命 236

おわりに 霧のなかを歩む 239
ロシア・アヴァンギャルド関係年表 249


学生への講議の形式をとった、ロシア・アヴァンギャルド論。圧制からの解放を求め、変革を求める運動が、ともすれば陥りやすい全体主義(ファシズム、スターリニズム)によって、「裏切られた革命」となってしまったロシア・アヴァンギャルド。その中に内包していた、目的と逆転してしまう芽を認識して、失敗を繰り返さない為にも。(人民K)




テクスト・映像・音等々の紹介 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館

リンク集 BBS入口