アーカート、デーヴィッド(一八〇五「七七)

イギリスの外交官、反動的政論家、政治家。トルコびいき。国会議員(一八四七「五二年)。雑誌『フリー・プレス』の創刊者・編集者。マルクスエンゲルスは、アーカートの反動性を批判しながらも、その外交政策の知識を利用しなければならぬとし、彼の運動は客観的に革命的役割をもちうると評した。一八五四年四月二二日付エンゲルスあての手紙(岩波文庫版『マルクス=エンゲルス往復書簡』、(三)、岡崎次郎訳、一七五「一七六ページ)、一八六〇年六月二日ころラサールあての手紙(ディーツ書店版『マルクス=エンゲルス全集』、第三〇巻、五四七「五四九ページ)参照。


アグリッパ →メネニウス・アグリッパ



大月書店国民文庫『賃金・価格・利潤』より抜粋



共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室