アサーニャ Manuel Azana 1880〜1940
スペインの政治家。初め文学者として名声をえたが、やがて自由主義的共和左派の領袖となる。1931年の王制廃止に尽力し、同年共和国政府の陸相、31〜33年首相となり、民主的改革をくわだてた。1936年、人民戦線の勝利により首相、ついで同年大統領(在任1936〜1939)に選ばれ、スペイン内乱中は共和政府を代表したが、1939年パリに亡命・辞職し、翌年客死した。
(平瀬)山川出版社 世界史小辞典より引用


共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室