モホリナジ
Mohoy-Nagy, Laszlo
1895-1946
ハンガリー生まれ。新興写真運動の最大の推進者。第一次世界大戦後、絵画の世界に入り前衛絵画運動に参加。1919年ドイツワイマールの国立工芸学校バウハウス教授。写真・絵画・工芸・彫刻など広く創作活動をすすめ、1925年《絵画・写真・映画》を出版。ナチスの迫害から1937年にアメリカへ渡り、ニューバウハウスを創立、後にシカゴデザイン研究所に発展させた。《動きのなかの視覚》のほか著書が多い。

写真大事典(Kodak・講談社昭和60第2刷)より



共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室