シャルンホルスト Scharnhorst Gerhard Johann David von 1755〜1813
プロイセンの国民的将軍。 ニーダーザクセンの農民の出身。
1793年対仏戦争に参加。フランス革命軍の優秀さを知り、プロイセン軍に入り
軍政改革の必要性を説く。 1807年来軍制改革委員会の議長。
グナイゼナウなどと協力、軍政改革などに尽力。(武装させる人民)のスローガンのもとに、貴族の優遇を廃し、兵士を重視し国民軍の組織をはかる。それは1813年
国民皆兵令として実現。 同年の解放戦争を指導し、傷を受けて死亡。


共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室