ツェトキン Clara Zetkin 1857年〜1933年
ドイツの社会主義者・革命的婦人運動の指導者
ロシアの革命家オシップ・ツェトキンと知り合い、マルクス主義に接近。
1878年労働運動に参加。チューリッヒ・パリでエンゲルス、リープクネヒト、
ラファルグ夫妻らと接した。1889年 第2インターナショナル創立大会に参加。
1891年ドイツに帰国後、社会民主党婦人運動機関誌「平等」を創刊、主筆。
また1907年 第2インターナショナル国際婦人書記局責任者となり、プロレタリア婦人運動を指導。
一貫して左派の立場を代表し、第1次大戦では党内多数派の戦争協力に反対。
ルクセンブルク等とスパルタクス団を結成、反戦活動に従事。
独立社会民主党左派を経て、1919年共産党中央委員。
1921年コミンテル執行委員、1924年国際赤色救援会議長。
1932年国会で最古参議長としてファシストを糾弾。
1933年ナチスの権力掌握後モスクワに亡命。
著書
「婦人労働者及び婦人問題」(1889年) 「レーニンの思いで」(1929年)
「撰集」(1957年〜1960年)



共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室