バ−トン、ジョン(一七八九「一八五二)

イギリスの経済学者。ブルジョア古典経済学の代表者、銀行会計係り。主著『社会の労働者階級の状態に影響する諸事情の考察』で、資本の有機的構成の高度化の問題をとりあげて、マルクス『資本論』『剰余価値学説史』で高く評価された。



大月書店国民文庫『賃金・価格・利潤』より抜粋



共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室