ダーウィン、チャールズ(1809―82)

イギリスの生物学者。6年の海外旅行ののち、ひろくあつめた材料を基礎として『種の起源』(1859年)を書き、進化論を証明した。生物が永久不変でなく変化発展してきたこと、その原因が生存競争による自然淘汰であること、をあきら

かにし、自然を不断の変化発展と見る唯物弁証法にたいせつな基礎をあたえた。



大月書店国民文庫=1『共産党宣言 共産主義の原理』より抜粋


共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室