グリューン、カール(1817―87)

1844年以来、人道主義的・社会主義的著述家として活躍した。いわゆる真正社会主義者のひとり。48年革命後のプロシア国民会議には左翼議員であったが、のちブルジョア民主党にうつった。



大月書店国民文庫=1『共産党宣言 共産主義の原理』より抜粋


共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室