細川嘉六(かろく)1888年9月27日〜62年12月2日

社会評論家。 富山県生まれ。1917(大6)年 東大政治学科卒。

21年大原社会問題研究所研究員となり。植民地問題、労働問題を研究、郷里富山から

始まった米騒動の資料収集にも努めた。

「植民史」(41年)はこの分野の研究に先鞭を付けた名著である

42年「改造」に発表した「世界史の動向と日本」により検挙され、これがいわゆる横浜事件の端緒となった。

戦後、日本共産党に入党し、47年参議院議員に当選、50年再選されたが、

51年GHQの圧力により公職追放された。

のちアジア問題研究所を主催、マルクス=エンゲルス全集刊行会監訳者などを努めた。

「細川嘉六著作集」3巻(72年〜73年)がある。   (犬丸 義一)



共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室