マルサス、トマス・ロバ−ト (一七六六「一八三四)

イギリスの僧、経済学者。ブルジョア化した土地貴族の思想的代弁者。資本主義の弁護論者で、資本主義のもとでの労働者の窮乏を正当化する反動的過剰人口論をとなえた。

主著『人口の原理』(岩波文庫版、高野岩三郎・大内兵衛訳)、『経済学原理』(岩波文庫版、吉田秀夫訳、上・下)。



大月書店国民文庫『賃金・価格・利潤』より抜粋



共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室