尾崎 秀実(ほつみ) 1901年4月29日〜44年11月7日
ジャーナリスト
中国を中心とする国際問題の評論、研究で知られ長らく反戦運動に従事して日本敗戦の前夜にゾルゲ事件で刑死した。
東京都生まれ。 父秀太郎が1901(明34)年「台湾日日新聞」記者となり、
幼少期を台北で過ごす。その体験が、後年民族問題に関心を寄せ、中国研究に向かう素地を作った。
一高から東大法科に進んだが、24(大13)年高文試験に失敗、大学院に残って翌年東京朝日新聞社に入った。一高時代の友人関係や、大学院での勉強に加え、時代の動きもあり、マルクス主義と中国問題を同時追求するに至った。
27(昭2)年、大阪朝日本社に転勤、細川嘉六らと中国問題研究会を作る。 
長兄の妻であった英子と結婚し、翌年上海支局員として念願の中国に渡り、長女をもうけて楊子と名付けた。
上海では、文芸団体「創造社」同人と親交を結び、機関誌「大衆文芸」に白川次郎などのペンネームで寄稿、また魯迅の知遇を得て邦訳の作品集「阿Q正伝」の冒頭に文章をのせた。実践団体「日支闘争同盟」と接触、中国共産党と関係を持ち、水野成ら東亜同文書院の学生等と結ばれた。’29年末、上海でアグネス・スメドレー(1892〜1950)と会う。彼女はアメリカ南部の貧農の家に生まれ、インド独立運動に共鳴し、中国にも関心を寄せて、ドイツ新聞社記者として来中したもので、翌年秋頃、ドイツ人ジャーナリストのリヒャルト・ゾルゲを尾崎に紹介した。ゾルゲはコミンテルン情報局やソ連赤軍に所属し、尾崎に中国での諜報活動の協力を求めた。
ついで、32年、ドイツ新聞社特派員として来日、大阪朝日本社に転勤していた尾崎と再会して、日本での協力を求めた。
尾崎は「両者を宿命的」なものとした。
34年9月、東亜問題研究会の新設で東京本社に呼ばれ、中国問題の評論家として頭角を現したが、36年末に突発した西安事件の本質をいち早くとらえたことで有名となる。
37年4月に昭和研究会に加わり、風見章の知遇を得、翌年7月朝日新聞社を退社、第1次近衛内閣の嘱託となり、39年1月満鉄東京支社に移った。
40年7月の第2次近衛内閣の成立前後には、風見の依頼で国民再組織案を練るなど、国策に参与する機会をつかみ、36年以来本格化した諜報活動のなかで、高度の情報と正確な情報分析を提供して、ゾルゲらの日ソ間の戦争回避とソ連防衛のための活動を助けた。 中国社会の全体的・動態的把握を試みて、中国の民族解放運動=抗日民族統一戦線の意義を解明した尾崎は、日本自体の再編成を必要と考え、東亜共同体論提起したが、
ねらいは帝国主義戦争の停止と日中ソ提携の実現にあった。
その前提として、戦争の不拡大が当面の目標とされたのである。
41年10月15日、伊藤律によるといわれる密告で、仲間に続いて検挙され、18日
検挙のゾルゲと共に「国際諜報団」として起訴、国防保安法・軍機保護法・治安維持法違反で、3年後のロシア革命記念日に東京拘置所で極刑に処せられた。
獄中から妻子に宛てた書簡を集録した「愛情は降る星の如く」は敗戦直後ベストセラーになったものの、冷戦状況などもあって真相究明は遅れたが、今日では「尾崎秀実著作集」
5巻(77年)「現代資料・ゾルゲ事件」4巻(62〜71年)などの刊行により、
尾崎の優れた人間像や、その歴史的位置づけも明らかにされつつある。
(野沢豊) 朝日人物辞典調べ


共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室