エァンスト テールマン Th撹lmann,Ernst 1886-1944
ドイツ共産党の指導者
小学校卒業後、港湾労働者として働く。1903年社会民主党に入り、ついで独立社会民主党左派に属し、1920年共産党に入る。ハンブルク地方組織を指導。
1923年党中央委員となり、ルート=フィッシャーらの極左派と戦い、1925年党委員長。理論家として党を指導。彼の元で党はヴォリシェヴィキ化する。
コミンテルと連携。党勢力の拡大を促進。1024年国会議員。1925年、32年大統領に立候補。
1933年ナチスにより逮捕され、強制収容所で没。



共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室