淮軍 わいぐん
清末、太平天国討伐のため、李鴻章が1862年、湘軍の編制にならって郷里の淮南地方で組織した郷勇部隊。上海に進出して江蘇の太平天国を討伐したのち、棯匪(棯軍)の平定(1866〜1868)、陜西回教徒の反乱平定(1868〜1870)に従軍、李鴻章の直隷総督就任(1876)によって直隷に移駐した。淮軍は近代的な装備をもつ清国最強最大の軍隊であったが、その構成が同郷的・同族的結合関係を根幹としていたため、私的な統属関係が強く、李鴻章のなかば私兵的な軍隊としてかれの勢力を支える基盤となっていたが、日清戦争で主力は壊滅し、義和団の乱で残存部隊も壊滅した。
(佐々木)山川出版社 世界史小辞典より引用



共産主義・社会主義・無政府主義 項目別データベース
国際共産趣味青年同盟 赤軍愛好会 赤軍博物館 各部会対話室